お知らせ

沼ノ平地区周辺のお知らせや、季節の情報、福寿草の開花情報や日々の写真などを掲載していきます。

※画像はクリックすることで、拡大してごらんいただけます。

 今年は降雪が比較的多かったうえに、強風の日が多く倒木や枝、枯葉が遊歩道に散乱しの通行に支障を
きたしていますので、雪が解けた遊歩道から整備を行っています。
 福寿草まつりスタートまでには、皆様が安全に通行できますよう、除雪や倒木の処理を行いますので、
しばらくお待ちください。

  • 遊歩道の整備を行いました
  • 遊歩道の整備を行いました

 山都寒晒しそばまつりと、福寿草まつりは毎年同時期にスタートしていましたが、今年は新型コロナウイルスの
影響により、福寿草まつりは3月下旬からの開催となります。
 例年寒晒しそばまつりは、1つの会場で2日間開催する方式でしたが、新型コロナウイルス感染症予防のため、
町内のそば店5店舗で3月13日(土)から4月25日(日)までの43日間にわたって開催する方式としました。
 当イベントに先立ち、2月27日と本日、寒晒しそば粉を使ったそば打ち体験を実施しました。寒晒しそば粉を
使ったそば打ちは、なかなか体験できないうえに、打ち方が大変難しのですが、齋藤忠義名人の指導もと美味しい
寒晒しそばになりました。
 当初の企画では、1月の大寒の時期に、一ノ戸川に入って玄そばを浸す「寒浸し作業体験」と「寒晒しそば粉を
使ったそば打ち体験」を予定でしたが、コロナ禍のため寒浸し作業は中止としました。
 来年はぜひ極寒の時期に、約3℃の川で寒浸し作業を体験してください。
 

  • 山都寒晒しそば打ち体験を実施しまいました
  • 山都寒晒しそば打ち体験を実施しまいました

 この度、新潟市にお住いの大野健一さんから、福寿草苗約300株のご寄付をいただきました。
 大野さんは福寿草が大好きで、沼ノ平から福寿草の苗を購入し、自宅で10数年かけ種から育ててきました。
 しかし、昨年病魔に侵され、福寿草を育てていく体力が徐々になくなってきたため、自分が丹精込めて育てた
福寿草を大切に育ててくれるところを探していたということです。
 いろいろ探したところ、福寿草の故郷である沼ノ平で育ててもらうのが一番いいとの思いに至ったそうです。
 沼ノ平むらおこし実行委員会では、大野さんの思いを大切にするとともに、ご病気の快復を祈願し福寿草を
育てまいります。ありがとうございました。
 元気になっていただくために、新潟県の方にどうかとは思いましたが、沼ノ平のコシヒカリをお渡しました。

  • 福寿草の苗をいただきました
  • 福寿草の苗をいただきました

 今日は気持ちの良い快晴でしたね。空を見上げると、真っ青な空に白い雲をたなびかせ飛行機が気持ちよさそうに飛ん
でいました。
 2月も今日で終わりですが、この時期になると雪原は硬雪になって、歩くのが楽しくなります。特に今日は最低気温が
−10度くらいまで下がったので、雪原がキラキラとダイヤモンドのように輝いていました。
 ダイヤモンドダストも奇麗ですが、今日も感動の美しさでした。
 沼ノ平は日当たりが良いので、雪の少ない斜面は雪解けが進み、福寿草も待ちきれず開花が進んでいます。でもご安心
ください、平らな所は20〜60僂寮磴残っていますし、100万株以上の福寿草が待機しているので、次から次に咲
き始めます。見頃についてもタイムリーにお知らせします。
  
 写真は、お寺の南側斜面、群生地遊歩道、駐車場の今日の様子です。

  • 2月28日福寿草群生地の様子
  • 2月28日福寿草群生地の様子
  • 2月28日福寿草群生地の様子

今の福寿草群生地

2021/02/22 (月)

 春のような日があったかと思うと真冬のような日に逆戻り。これを繰り返しながら春が少しづつ近づいてきます。
 雪どけが早い遊歩道の土手には、福寿草が咲き始め、ナツズイセンも芽を出し始めました。

 
 

  • 今の福寿草群生地
  • 今の福寿草群生地
  • 今の福寿草群生地